さくさぽ


佐久市市民活動サポートセンター(通称さくさぽ)は、
ひとと地域の「参加」の力が活きる、未来志向の交流と協働の創造拠点です!

「佐久の市民活動をもっと楽しくしたい!」「みんなで佐久の幸せサイクルを創りたい!」
さくさぽの役割は「支える」「つなぐ」「広める」です。
NPOや市民活動団体、地域のために活動する市民のみなさんを応援していきます。
そして行政、企業、学校、地域、商工業団体、組織や社会福祉協議会などの団体ともつながり、
みなさんの参加と出会い、学びの場を創り出し、つながるきっかけや協働の芽を育てていきます。
誰もが安心で幸せを感じられる地域を、さくさぽと一緒に実現しませんか?


※佐久市市民活動サポートセンターは、佐久市の委託により、特定非営利活動法人長野県NPOセンターが企画運営しています。


カフェさくさぽ

「カフェさくさぽ」は、誰もが気軽に参加し、出会って、楽しく対話し、つながる交流会です。子育て、まちづくり、環境、福祉、人権、ボランティアなど、様々なテーマで企画。「協働」につながるきっかけづくりを目的としています。

初歩講座

NPOってなに?市民活動団体やボランティアグループってどこが違うの?地域課題の解決に向けて、市民が気軽にNPOの基礎知識を学べる講座です。

ステップアップ講座

広報、会計、資金調達などについて学びます。NPOに限らず、市民グループや、自治組織などの運営にも役立つ内容です。

機関紙「さくさぽ」年4回発行

市民活動団体や活動者の紹介、スタッフの体験取材、さくさぽ主催・共催のイベント予定などが掲載されています。

市民活動掲示コーナー

チラシ・パンフレットなどの活動情報を掲示・設置するコーナーです。

ホームページ・SNSでの情報発信

FacebookなどのSNSをはじめ、インターネットで市民に提供しています。

NPO法人や市民活動団体の設立や運営の相談

ボランティアコーディネーター資格などを持つ、専門性のあるスタッフが市民活動に関する幅広い相談をうかがいます。NPOの具体的な設立相談、会計、助成金申請に関する相談については、予約をお願いします。

  • 施設内のレイアウトは状況に応じて変更の場合がございます。

山室秀俊

Hidetoshi Yamamuro

センター長と長野県NPOセンター事務局長を兼務。魅力的な佐久を創るため、多くの方々をつなぎたいと思います。長野市標高1000mに自宅。ヤギ飼い

佐々木 愛歌

Aika Sasaki

さくっこ4世代家族、趣味音楽。旅行業で仕込まれた「ご縁」はまだ醸成中。赤ちゃんからご長寿世代の集うさくさぽを夢見て一歩一歩。気軽にお越しください!

上野亮太

Ryota Ueno

佐久歴35年。2児のパパ。ありたい自分を探究する中さくさぽにめぐりあいました。多様性を認めあうコミュニティ、誰もが活躍できる社会の実現を目指して!

石丸夏子

Natsuko Ishimaru

望月出身、去年10年ぶりに佐久に戻って来ました。夫はハンガリー人で今年3月に第一子を出産、新米ママに。教育、国際交流、音楽に特に興味があります。

大井 邦子

Kuniko Ohi

2019年春より東京から南相木村へ。民間企業や学校法人、まちづくり系NPOなどを経て、複数の仕事やNPOをかけ持ち、さくさぽには週1,2回登場。

粟津 知佳子

Chikako Awazu

愛知県出身。2019年春から長野県民。民間助成財団に15年務めた経験を生かして、団体の組織づくり・基盤強化のお手伝いができればと思います。

小島 美里

Misato Kojima

東京から移住して3年目。元は広告マン。さくさぽでは広報を主に。団体のPRなどのお悩み、ご相談ください。team OHAYASHIとしても活動中。

美和健一

Kenichi Miwa

横浜出身、71歳。さくさぽでの愛称は「みわ爺」。子供のようなメンバーと一緒に活動中です。機関紙では「季節の便り」でお世話になっています。

広澤 三和子

Miwako Hirosawa

野沢生まれ。こてこての佐久人。モットーは何事も前向き思考で楽しむ!スタッフの中では貴重な60代ということなので高齢者のみなさんお気軽に声をかけてください。


活動される団体の登録をご希望の方へ。
必要書類をダウンロードできます。

気軽におしゃべりに
来ませんか?

施設ことやイベント情報など。
各種お問合わせはこちらからお願いします。