【さくさぽ×教えて!ドクター 出前講座part①】オンライン(Zoom)開催

16日午前10:00-11:30に開催されたさくさぽオンライン企画、佐久総合病院佐久医療センター小児科医長(教えて!ドクタープロジェクトチーム)の坂本先生による、1時間にわたる出前講座へ、佐久エリア20名の方が参加しました。

子どもの咳や発熱ケア、予防接種や乳幼児健診についてのこと。そして、処方される解熱剤や咳止めや、手指消毒薬の正しい知識について「目からうろこ」知識もギッシリ!「発熱時どうしたら?」「水遊びで感染しないの?マスクをつけられないがどうしたら・・・」。という事前アンケートに丁寧にイラスト入りでの解説がありました。質疑応答では、「タオルの交換について」のような家庭あるあるや「熱が上がりにくいが、今後熱性けいれんなどの可能性は?」の問いにも、丁寧な解説があり参加者がホッとする場面も。

参加者は、佐久、御代田、佐久穂に軽井沢と幅広く、また、初めてZoomを体験した方が半数でした。初め戸惑いながら操作をしていた方も、スタッフの遠隔サポートで目立ったトラブルもなくご参加いただくことが出来ました。

今回、事後アンケートの回答率も高く、企画については「男性も多く良かった。オンラインは誘いやすいし参加しやすい」「わかりやすい解説でとても聞きやすく良かった」など、お医者さんに直接話が聞ける場のニーズや、「免疫力の話はかなり衝撃的!」「正しい情報の探し方や、NGワードがは参考になりました」など、情報の見極め方などに対する関心が高かったように見受けられます。

最後はフリートークで、講座の感想や日ごろの不安、あそび場の情報交換も共有しつつ和やかに幕を閉じました。

今回の経緯として、さくさぽへ遊びに来てくれていた子育て世代の、「実家に帰れない、こどもを思い切り遊ばせたい、コロナウイルスで周りも混乱している」という身近な困りごとと、緩やかに自粛が解除される一方、小さな子供がいると不安はつきものという観点から、「教えてドクター」の著者でもある坂本先生に直接お声がけさせていただきました。
先生からは即答で「ぜひ、やりましょう!佐久市には、全国に先駆けてオンライン講座の道筋を作ってほしい!」と熱い想いもお伺いしたため、子育て支援課や広報広聴課、佐久ケーブルテレビへ呼びかけ出席いただきました。そのほか、子育て支援団体や市議会、県議会からも希望の声があり、多くのオブザーバーが参加しました。

31日㈰10:00-11:30にpart②開催します。
録画はちょっと・・・と躊躇された方や気楽に参加したいという方もいたため、31日は参加者のみとさせていただきます。子どもを思い切り遊ばせてあげたいけど、暮らしの中で注意することは??咳や発熱ケア、これからの梅雨・台風時期に注意することは?今、抱えている不安を「暮らすまちのお医者さんに聞いてみよう!」というオンライン(zoom)を使った出前講座です。

5/31㈰ 午前10:00-11:30 さくさぽ×教えて!ドクター オンライン開催(zoom) 「暮らしの中のコロナウイルス 出前講座part②」

【参加申込み】
下記のGoogleフォームでの申し込みをお願いします。クリックしてお申し込みください。
https://bit.ly/2LxcH3J

関連記事

  1. さくさぽ近況/レポート 【0歳から80代】

  2. カフェさくさぽ「台風19号」わたし・あなたから見えたこと/レポート

  3. 【第1回カフェさくさぽ:開催レポート】「あなたにとって居場所とは?」休…

  4. 【オンラインイベントはじめの一歩! 佐久エリアの方優先!】オンライン(…

PAGE TOP