居場所を失った人への緊急活動応援助成 〜「たすけて」の声に寄りそうために〜(赤い羽根共同募金)

【新型コロナウイルスに関する助成金情報です】

1.趣旨
新型コロナウイルス拡散の影響を受け、STAY HOME が広く呼びかけられる一方で、虐待やネグレクトなどで家にいられない子どもや若者たち、経済状況悪化のた め仕事や家を失った人々、家に留まらなければならないストレスから家庭内暴力(DV)の おそれが高まっている家庭など、様々な理由から居場所を失い、孤立する人々の生活課題 が顕在化してきています。
こうした人々に対する緊急支援がさまざまな団体・機関によって展開されていますが、いずれの団体・機関も人材や活動資金は十分ではありません。そこで、居場所を失った人々に対する緊急支援活動を資金面から支援し、このコロナ禍において「誰一人取り残さない(leave no one behind)」社会をつくることを目的として、 本助成が実施されます。

2.実施主体
社会福祉法人 中央共同募金会

3.助成対象団体
・社会福祉
・地域福祉の推進を目的とする非営利の団体(法人格の有無は不問)
・応募時点で団体が設立されており、助成対象事業の実施体制が整っていること(活動 年数は不問)
・反社会的勢力および反社会的勢力と密接な関わりがある団体でないこと
※反社会的勢力に該当する団体とは、暴力団、暴力団員(暴力団員でなくなった日から5年を 経過しない者を含む。)、暴力団準構成員、暴力団関係企業その他の反社会的勢力が助成対象事 業の運営等に関与していると認められる団体をいいます。

4.助成対象活動(事業)
新型コロナウイルスの影響により、孤立が加速化し、居場所が失われた人や経済的困難 に陥った人々に対する次のような緊急支援活動(事業)で、多機関連携や協働により展開 されるものを対象とします。
・相談支援活動  例:心のケアの企画、活用できる公的支援制度の助言など
・生活支援活動  例:生活必需品の提供など(フードバンクについては※を参照)
・居場所支援の活動  例:DV、虐待被害者へのシェルター提供など
・つながりを作る活動  例:オンラインツール等を活用した企画など
・その他、孤立を防ぐための先駆的・モデル的な活動
※フードバンクについては、別途「フードバンク活動等応援助成」を実施しているため、 本助成では対象外とします。

●助成対象外となるもの
○本応募要項の応募趣旨に合わないもの
例)
他機関との連携や協働が行われる活動ではないもの。
従来からある活動で先駆性がみられないもの。
行政等の公的財源が見込まれるもの
○経費の妥当性が応募趣旨に合わないもの
例)
拠点整備における設備購入や修繕が主な費用となっているもの。
車両・備品の購入など組織・団体の活動維持費用となっているもの。

5.助成事業の対象期間
2020年3月~2021年3月

6.1 活動(事業)あたりの助成額
・1事業あたりの助成上限額は300万円とします。
・公的な補助や他の団体による助成を受けていない活動(事業)を対象とします。
・ただし、他の助成を受けていても、経費の明確な区分が行われることを条件に応募できるものとします。
・第1回助成総額は3,000万円を予定しています。
・寄付の状況によっては、第2回目以降の助成公募を行う可能性があります。

7.助成対象経費
基本的に活動(事業)に要する経費を対象とします(事業にかかる人件費等の管理経費 を含めることが可能です)。
※2020年3月以降の活動(事業)であれば、助成応募前にかかった費用も遡って助成対象とします。ただし、その場合は領収書等の証憑を提出できることを要件とします。
※審査の際、以下の項目にあたると応募書から判断された場合は対象外とします。
〇行政等の公的財源が見込まれるもの
○経費の妥当性が応募趣旨にあわないもの
〇費用の積算内訳が読み取れないもの

8.審査及び助成の決定
助成決定は、本会が設置する審査委員会により、応募内容を審査し、決定します。
必要に応じ本会でのヒアリングを行い、詳細を直接お聞きすることがあります。また、審査の結果、応募金額からの減額があります。また、支出計画の修正が必要となることがあります。

9.応募方法・結果通知
(1)応募期間・応募方法
応募書①(Word 形式)と応募書②(Excel 形式)に、助成応募内容を記入の上、下記応 募締切日までに、応募・問い合わせ先まで電子メールにてご提出ください。 応募書様式は、本会ホームページよりダウンロードのうえご記入ください。
応募締切日 2020年6月8日(月)必着

★詳細、様式ダウンロード、お問合せは、社会福祉法人 中央共同募金会へ。

【6/8応募締切】居場所を失った人への緊急活動応援助成の公募について

PAGE TOP