2016年05月21日 5/21(土)第4回 桜井支え合いの会にお邪魔しました。
サポートセンター昨年度の「地域の担い手養成講座」修了生の桜井千枝子さんとお仲間が、地域(上桜井)の公会場で始められた「桜井支え合いの会」 第4回目の開催です。
 
今回は、佐久市人権同和教育推進委員 金森輝雄さんの「遠くの親戚より近くの他人」のお話です。
参加者は、上桜井区長、民生児童委員、農協婦人部等、この会の協力者と、地域の歩いて通える高齢者、主催者、合わせて18名の方々です。

「様々な差別」に関わるお話に、メモを取りながら熱心に聞き入る皆さんの姿は、とても新鮮で、学びに対する意識の高さを感じさせていただきました。

 金森さんのご講演の後は、車座になり、池のドジョウの簡単な手遊び。ワァ~ッと雰囲気が解れ、お茶をいただきながらの情報交換とおしゃべりタイムです。

 前回ご参加の、90代のおばあちゃまからのご自宅の窓ふきのご要望に応え、まずは実践です。5/9(日)支え合いグループ3名で実施されました。
気がねなくお願いできる料金を決め、1時間 1人500円、3人で2時間の作業です。

「窓を外して、本当に丁寧にやっていただき、涙が出るほどありがたかった。」
 そんな、お婆ちゃまの言葉が、とても印象的でした。

 地域で始まった「支え合い」地域に広がっていくと良いですね。
2014年05月22日
井戸端会議   開く
2014年01月09日
雪が降りました   開く