2015年01月10日 「地域に飛び出せ!信州元気づくり実践塾」閉講会が1月9日に開催されました。
「地域に飛び出せ!信州元気づくり実践塾」の「小林塾」に、当サポートセンターのスタッフ2名が受講生として参加していました。

【 ※この塾は県が主催し、各地で活躍する地域づくりのキーパーソンを塾頭とし、県内で地域づくり活動を志している者と県職員が一緒にグループを作り、塾頭が実践している現場でのフィールドワークを中心としたカリキュラムにより研修を行う、という内容。 ☆塾頭は、(1)小林一郎氏(農業生産法人㈱信州せいしゅん村 むらおさ)(2)井出正臣氏(長野県建築士会佐久支部 前青年女性委員長)(3)児玉光史氏(㈱地元カンパニー 代表取締役)の3名が務められました。 】

その閉講会が1月9日に開催され、成果報告・講評が行われ、修了証書が授与されました。

阿部知事の講評は、
〇どこにでも資源は山ほどある、それを活かして欲しい。
〇今のままソコソコで良しとせず意欲を持て。
〇長野県に対するイメージは全体に良い。それをぜひ活かせ。
〇誰かをアテにせず自ら実行せよ。
〇公務員はもっと思い切ったことをせよ。
〇壁にぶつからないモノはろくなものではない。壁を乗り越えてゆけ。
・・等々と、かなりピリッとしたものでした。

今回塾に参加した当センタースタッフも、ここで得たものを佐久市民に還元できるようハリキッテおります。

(写真は「小林塾」参加者の記念写真と、講評中の阿部知事。)
リンクURL
2014年05月22日
井戸端会議   開く
2014年01月09日
雪が降りました   開く