2014年09月26日 9月井戸端会議(9/25)が 開催されました。
 今回のテーマは、「もしも、災害が起きた時、あなたはどうしますか?」好評につき、防災シリーズ第2弾~震災現場からの声を地域に活かす!~。6名の方が参加されました。好評だった前回からの参加者が3名いらっしゃり、その後地域に帰って「助け合いマップ」を隣近所に声をかけて作ってみた、回覧板を廻す単位で作成してみた等の声が上がりました。
 今回は、有事の時を想定して備えておくものとして、靴(ガラス、ガレキなどで傷ついてしまうから、逃げる時には丈夫な靴が必要)、笛(「助けて!」と声を出し続けるのは大変、音を出す)、ラジオ灯などもあるといい等。
 被災地に出向いて仕事をされた経験者からは、1まずは救命。2有事の時に本当のリーダーを担う人を見つけることが大事なこと。3災害時情報が集中する区長さんを支える人が必要。防災の観点から「地域での支え合いのしくみ作り」を考えていくことが重要であるとのお話が出されました。今後に向けての地域の課題が見つかりました。 
2014年05月22日
井戸端会議   開く
2014年01月09日
雪が降りました   開く